出版助成

出版助成制度について

わが国「協同組合の父」賀川豊彦(1888年~1960年)は、社会の底辺に追いやられていた社会的弱者の救済と人と人とが助け合う平和で人間性豊かな社会の実現のために、セツルメント、保育事業、労働運動、農民運動、協同組合運動、平和運動など、多方面にわたり先駆的な活動を展開しました。

出版助成は、賀川豊彦に関する研究および啓発の進展をはかるために、松沢生活協同組合の寄贈財産を基に行うこととなりました。

※松沢生活協同組合は賀川豊彦の指導により1947年に設立され、2014年に67年の歴史に幕を閉じ解散しました。その際、松沢生活協同組合は残余財産を「賀川豊彦にお返しつもりで」と公益財団法人賀川事業団雲柱社(賀川豊彦記念松沢資料館)に寄贈しました。

趣旨

賀川豊彦は日本の近代化の過程で、キリスト教伝道をはじめ、セツルメント、保育事業、労働運動、農民運動、協同組合運動、平和運動など多方面にわたる社会運動に先駆的な働きをしました。公益財団法人賀川事業団雲柱社は現代と将来における賀川豊彦理解の深化発展に寄与するために、賀川豊彦に関する研究および著作の出版を助成します。

最新の出版助成一覧

もっと見る

  • 260
  • 260
  • 260
  • 260
  • 260
  • 260

ページの先頭へ