お知らせ

2016年10月27日 賀川豊彦関連企画

(終了!)2016年10月29日(土)第二回賀川豊彦シンポジウム開催!(インターネット視聴できます!)

 

第二回賀川豊彦シンポジウムは、10月29日に開催され盛況のうちに終えることができ

ました。ご参加下さったみなさまへは心より感謝申しあげます。

さて、当日はインターネット中継がなされましたが、今月一杯まで録画がみられます

ので、当日お越し頂けなった方は、是非、こちらからご覧になって下さい(無料で

す)。

http://www.ustream.tv/channel/4nnVa5RmhR5

 

 

<震災後の日本における宗教的ミニストリーの理論と実践・第二回シンポジウム>

チラシはこちら ➔ 20161029

「助け合いの心が日本社会を変える! 市民社会と賀川豊彦の友愛の精神」

日時:2016年10月29日(土)14:00~16:30

会場:明治学院大学白金キャンパス 2号館2101教室(東京都港区白金台1-2-37)

■パネラー

逢見直人氏(日本労働組合総連合会 事務局長)

比嘉政浩氏(全国農業協同組合中央会 専務理事)

新井ちとせ氏(日本生活協同組合連合会 副会長)

コメンテーター

篠田 徹氏(早稲田大学社会科学総合学術院 教授)

コーディネーター

稲垣久和氏(東京基督教大学大学院 教授)

※要事前申し込み

お申し込みはこちら ↓

http://www.tci.ac.jp/smj/%E5%8F%82%E5%8A%A0%E7%94%B3%E8%BE%BC%E3%83%BB%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A0/

お問い合わせはこちら ➔ ntaka@tci.ac.jp  0476-46-1137 東京基督教大学共立基督教研究所(担当:高橋)

※お申し込みがない方でもご参加頂けます。当日直接会場へお越し下さい。

参加費無料!

共催: 東京基督教大学共立基督教研究所、明治学院大学キリスト教研究所 賀川豊彦研究プロジェクト、賀川豊彦記念松沢資料館

協賛: キリスト新聞社

<助け合いの心が日本社会を変える! 市民社会と賀川豊彦の友愛の精神>

生協、労組、農協、労働金庫、共済保険…。私たちの社会の一部となっているこれらの事業や運動に共通するもの、それは次の二点です。

一、助け合いのための組織であること(営利目的ではない)

二、社会事業家賀川豊彦が開拓的に関わり推進したこと

資本主義のもたらす格差と貧困が今以上に深刻であった大正~昭和前期、賀川は、日本の相互扶助の伝統を社会的・組織的に促進する協同組合運動を精力的に展開しました。賀川が始めた事業は大きく成長し、現在、生協の組合員2830万人、労組・連合686万人、農協1027万人と、実に日本人の3分の1以上がこの助け合いの仕組みに加わっていることになります。そして近年は、各団体の枠を超えて社会の必要に応える連携も各地で行われています。

グローバル資本主義による格差と分断が国内外で問題となり、その矛盾を乗り越える次の社会が模索されています。賀川豊彦の友愛精神を共通の土台にもつ事業体が連携することは、日本社会にどのような可能性を拓き、社会を変えていく力になるのでしょうか?

 

  • 260
  • 260
  • 260
  • 260
  • 260
  • 260

ページの先頭へ